Monthly Archives: August 2013

Is it too late? part 2

Continued from last time.

But the more important answer is: It doesn’t matter.

“Am I too old?”, “Is it too late?”, “Isn’t it easier when you’re younger?” These are the wrong questions.

Let’s say you’re right. Let’s say you will never be as good a native speaker. Let’s say you will never be completely and perfectly fluent. Let’s say it’s easier and faster for younger people. Let’s say, at your age, learning is harder and slower.

So what?

A more important question is: Why do you want to learn English? Is your goal to be a perfect speaker? Is it to “beat” all those other younger learners? Or is it because you want to learn English? Or is it because you want to get better than you were before? If you are a little better than you were last week, and you can learn to do things that you could never do before, isn’t that enough? Are you doing this to prove something, or for yourself?

If the end result is you are better than you were before, why does it matter if it takes you a year, two years, even TEN years? Why does it have to be fast or easy? Why not just fun? Why not at your pace? Why does it matter if it’s hard, as long as, in the end, you can do it? And you can.

I want you to watch this video. A 71 year old man named Alfred is in elementary school… learning how to read in his own language.

It’s never too late.

Transcript of video:

Lt. Gen. Pete Osman: Last year the folks at the UPS stores came up with a good idea. They said why don’t we create a toys for tots literacy program? You know this last year we delivered almost a half a million books to less fortunate youngsters. It really worked. So we’re here today to celebrate that. And in the celebration we wanted to present an award to somebody, to come up with an annual award that we could present to someone who really, really loves to read, and really understood the importance of reading. Why don’t you come on up here, Alfred?
Lt. Gen. Pete Osman: Well, the fact is that Alfred wanted more than anything else to learn how to read because he’d never had the opportunity to do it, so even at his age he said I’m gonna learn and he has set a wonderful example for all of us of what the love of reading can mean. So there is no doubt that we have found the perfect recipient for the first annual toys for tots literacy award. So Alfred, congratulations!
Alfred Williams: I know for a fact – I don’t have a mother living and I don’t have a father living – so it’s up to me how long I go to school and how long I try to learn and that’s gonna be the rest of my life.
Alesia Hamilton: I’m just helping a little man that had the courage to ask me to learn how to read and I’m the lucky one out of all this, it’s just unreal and I just hope that his story continues to inspire others.
Alesia Hamilton: Any time that we can get a book in the hands of a child it means the world to us because that’s… that’s what we’re all about, is about reading and actually giving these kids an opportunity, some of these kids only have books at school, they don’t have them at home, so this just puts them right in their hands.
Amie Howery: In these boxes are more than 300 books for the school library. That’s enough books for every student here at Edison school, for a new book to enjoy for the rest of the school year.
Alesia Hamilton: This is huge. Learning to read, no matter if you’re seven or you’re seventy-one years old… Reading is huge, it changes lives. I’ve been blessed to see Alfred’s life change right before my eyes.
Alfred Williams: When you get my age, you could have been a doctor, a lawyer, or whatever, an astronaut, you know? But it takes a lot of work and a lot of schooling to get to that point.
Sharon Darling: Did you know that reading helps you in every subject area? Everything you’ll ever do in school, reading is just the core of it, it’s right there, and you need to be able to read to do any other thing,
Alfred Williams: Reading is more important than any kind of job you can get because without knowing how to read nowadays you won’t even get a job.
Jennifer Patterson: Last night, Mr. Williams said to me all things are possible. You can do anything you want to, you have to work hard, right, Alfred? Takes hard work, but all things are possible.

色々書いてありますが、ポイントは「年齢は重要ではない」ということです。
「年を取りすぎかも?」「遅すぎたかも?」「若い時の方が簡単なのでは?」
これらの疑問は間違っています。
が、みなさんが正しいとします。ネイティブのように話せるようには絶対にならないとします。完璧に流暢に話せるようにはなれないとしましょう。若い人の方が簡単に早くマスターできるとしましょう。あなたの年齢では学習するのは大変で、伸びるのも遅いとしましょう。
何か問題がありますか?
疑問に思わなければならないのは、「どうして英語を勉強したいのか?」ということです。目標は完璧に話せるようになることなのでしょうか、それとも同じように勉強している若い人達全員に勝つことなのでしょうか? 勉強するのは自分が英語を学びたいからなのでしょうか、もしくは以前の自分よりも成長したいからなのでしょうか? もし、先週より少し前に進むことが出来たら、あるいは以前は絶対に出来なかったことが出来るようになるとしたら、それで充分ではないのでしょうか? 勉強するのは他人に見せるためですか? それとも自分のためですか?
あなたの目標が、以前よりも前に進むことなのであれば、習得するまで1年かかろうが2年かかろうが、たとえ10年かかろうが大きな問題ではないはずです。どうして簡単に早く習得できなければならないのでしょうか? 楽しんで、自分のペースでやってはいけませんか? 最終的にはできるようになるのであれば、勉強が大変でもいいじゃないですか。そしてこれは仮定ではなく、みなさんは本当にできるようになるのですから。
是非見ていただきたい動画があります。小学校で母国語の読み方を学ぶアルフレッド・ウィリアムズという名の71歳の老人の話です。

何かをするのに遅すぎるということは決してないのです。
動画の音声内容です。
ピート・オズマン中将: 去年、UPS社の従業員が素晴らしいアイディアを思いつきました。Toys for Tots(海兵隊慈善事業)で読み書きを教えるプログラムをやらないか、というのです。昨年、我々は50万冊に近い本を恵まれない子供たちに届けました。大成功でした。今日はその成功を祝うために集まったわけですが、この場で賞を授与したいと思います。本当に読書が好きな人、読むことの大切さを真に理解している人に今年の賞を差し上げたいと思います。壇上に来てもらいましょう。アルフレッド、どうぞ。
オズマン中将: アルフレッドの唯一の望みは本を読めるようになることでした。彼は今までそれを学ぶチャンスがなかったのです。ですから、この年になっても「勉強したい」と声を上げ、読むことができればどうなるのか、その大切さを我々に教えてくれるお手本となってくれたのです。彼は間違いなく「Toys for Tots識字大賞」の最初の受賞者となるにふさわしい人物です。アルフレッド、おめでとう!
アルフレッド: 母も父も亡くした自分にとっては、学校でどれだけ過ごすのか、いつまで勉強するのか、全て自分で決めることができます。そして、それは自分が死ぬまで続くんだろうと思っています。
アレジア・ハミルトン: 読むことを学びたいと勇気をもって私のところにきた生徒をサポートしただけです。私自身、多くのことを学ぶことができましたので、とても幸せでした。本当に素晴らしいことです。彼の話を聞いて、どんどん他の人がやる気を出してくれるといいですね。
アレジア: 子供たちの手に本を置いてあげること、それが大切なんです。それが全てなのですから。これが読むことに繋がり、実際、子供たちにチャンスを与えることになるのです。家に本がなくて、学校でしか本に触れることができない子供たちもいます。そんな子供たちの手に必要なものを渡すのです。
エイミー・ハウリー: この箱の中には学校の図書館用に300冊以上の本が入っています。このエジソン・スクールの全ての子供たちが卒業するまで、いつも新しい本を読めるということになります。
アレジア: これは大きな一歩です。7歳の子供にとっても71歳の人にとっても、本を読めるようになるということは凄いことなのです。人生が変わります。アルフレッドの人生が変わっていく様子を目の当たりに出来たのは、私にとって幸運でした。
アルフレッド: 私の年齢であれば、医者になっている人もいるだろうし、弁護士、宇宙飛行士になっている人もいるでしょう。でも、そのためにはたくさん勉強してあちこちの学校に行かなければなりません。
シャロン・ダーリング: 読書は全ての教科に役立つのだということをご存知でしょうか? 学校のどんな活動においても読書が中心にあります。何をするにも、本が読めなければ進まないのです。
アルフレッド: 読書より重要な仕事はありません。何故なら、本を読む方法を知らなければ仕事に就くこともできないからです。
ジェニファー・パターソン: 昨夜、アルフレッドはこう言いました。「全てのことが可能なのだ」と。皆さんがやりたいと思えば、どんなことでも可能です。でも、一所懸命にやることは必要ですよね、アルフレッド。頑張りさえすれば、不可能なことは何もないのです。

Advertisements